タグ:プロレス・格闘技 ( 11 ) タグの人気記事
また逢う日まで
「週刊ゴング」の休刊がついに決まってしまった。休刊はしないって言ってたのに…
休刊の理由はあちこちで書かれているので、ここで説明することはやめるね。

しかし、さみしいなぁ。
俺にとって「ゴング」は「月刊」、「別冊」の頃からの愛読書で、中学生のとき、初めて知ったプロレス専門誌だったの。それ以来、俺は「ゴング派」で通ってきていたし。
中学生、高校生の頃は、まだ、ファイトや東スポは大人の読むものって感じがして、なけなしのお小遣いで毎月ゴングを買って、プロレスの記事を読むのを楽しみにしていたんだよね。
弟と、唯一といっていいほどの共通の趣味であったプロレスだから、俺は「月刊」、弟は「別冊」とか決めてね。
ただの記事だけでなくて、読み物もワクワクしながら読んでたもんなぁ。
小説なんかも連載されてて、夢のタッグリーグ戦なんてホント、面白かったなぁ(馬場・アンドレ組VS猪木・ホーガン組なんてでてくるんだもん)。
それまではプロレスはテレビで見るだけで、それ以上の知識は全部、ゴングに教えてもらった。
挨拶程度だけどスペイン語会話もゴングで知ったし、アメリカの州もゴングで覚えた。

実はGKが編集長になった頃から、記事に偏りを感じて読まないことも多くなってしまっていたんだけど、大きな試合や事件があったときには欠かさず読んでいたんだ。

週刊はかさばるから、もうほとんど捨ててしまっているけど、古い「月刊」、「別冊」はまだ、実家の物置にタップリと入っているので、久々に読みたくなったな。
ま、家に持って帰ってくるのは、ナヲミが許さないだろうけど(苦笑)。

休刊ってことは廃刊じゃないんだから、復活を祈ってます。
[PR]
by tarosas | 2007-03-19 22:41 | books/comics
PRIDE
いよいよ準決勝も終わり、決勝戦を残すだけになったね。ベスト4進出者はみんな納得の選手ばかり。これはどんなカードになっても激戦必死だね。
面白いことにミルコは他のノゲイラ、シウバ、ジョシュと対戦経験があるんだけど、他の3人はそれぞれミルコとしやったことがないの。俺としては前回引き分けたシウバとまずやって欲しい。

あいにく、フジテレビが放映を中止したために映像では観ていないだけど、すごい試合だったみたいだね。

正直、1回戦では、これがGPなの? っていうカードもあって、どうなることか、と思っていたんだけど、順当に勝ち上がって、しかも、ヒョードル欠場という逆風も、シウバの電撃参戦があって、ますます無差別級GPになってきた。

本来なら、このGP優勝者とヒョードルが大晦日に戦う、っていう話だったんだけど、フジテレビの撤退で男祭りもやるんだか、どうだか、ちょっと不安だけど、それはさておき、このGP、の優勝の行方は楽しみだなぁ。
[PR]
by tarosas | 2006-07-03 23:28 | sports
1・4東京ドーム
今回は早々とドーム大会のカードが発表されたね。
新日がユークスの支配下となって、ドーム大会も今回をもって、撤退なんて話が出てきているけど、ちゃんと先手を打って、年一回の開催にすれば、大丈夫だと思うんだけどなぁ。難しいのかな?

10・8ドーム大会のあと、サイモン社長から、1・4のテーマは故郷で、新日に在籍した選手全てに声をかけるって、発表があったとき、「やるんだったら、交流戦ではなく、新日 VS OBの対抗戦だよな」って思ってたから、ちょっと、流れは変わっちゃったけど、このカードはほぼ満足。
まぁ、本当なら、「現・新日軍 VS OB軍 全面対抗戦」のほうが興奮するけどね。
新日の歴史は、そのまま、対抗戦の歴史だと思ってるからさ。
古くは、狼軍団から始まって、はぐれ国際軍団、維新軍、マシーンズ、UWF、ジャパン・プロ、反選手会同盟、Uインター、nWo、TEAM2000と、魅力的な軍団抗争があったもんなぁ。

例えばさ、蝶野、天山組だったら、やっぱ、相手は武藤、小島組だよなぁ。もちろん、越中選手、大森選手も好きな選手だし、好勝負になると思うけどさ(大森選手は近くの焼き肉屋で会って、握手してもらった経験あり)。
ライガーは佐野選手(現・NOAH)だよな。あの名勝負を今、見たいもん。

それと、中西選手の試合がまだ決まってないけど、ここに小島選手が出てきてくれれば面白いのになぁ。あと、健介かな。小川直也も面白いけど、かみ合わないだろうし(それがいいのかもしれないけど)。

久々にコンセプトのしっかりした、新日本らしい、ギスギスした戦いが見れそうな気がするなぁ。
奇しくも長州現場監督がテレビで行っていたように「VS Uインター」の時のような熱気を期待しているよ。
[PR]
by tarosas | 2005-12-02 01:54 | sports
ついに!!!
新婚旅行でパラオを選んだ、一番の理由は「イノキアイランド」に行きたい! ってことなんだ。
アントニオ猪木さんの大ファンである俺は、いつか行きたいと思ってたの。
猪木さんと一緒に行くツアーっていうのも年に何回かあるんだけど、そういうのって平日がらみだから、俺にはまず参加できないんだよね~。

かみさんが「海外挙式をしたい!」って言ったとき、「じゃあ、イノキアイランドでやろうよ」って言ったんだけど、さすがにそれは色々と許可をもらわないといけないし、実際できるかどうかわからなかったから、とりあえず、新婚旅行でパラオに行って、イノキアイランドに行こう、って決めたの。

d0008543_1151291.jpgツアーでイノキアイランドの近くに行くっていうから、泳いで渡ろうと思ってたのね。ところが、昼休みが1時間くらいしかなくて、実質泳げる時間は30分くらいしかなかったの。距離にして500メートルくらいかな。さすがに30分じゃ、本気で泳いでどうか? ってとこだから、断念して、バックに記念撮影。

ところが、昼休みのあと、このイノキアイランドのすぐ近くでシュノーケリングの時間があるっていうから、これは行かなくちゃ! ってさ。

みんな、シャコ貝やクマノミに夢中になっている脇で、俺は一直線に島を目指したね(笑)。
d0008543_1291198.jpg人の土地だから、勝手に上がるわけにはいかないので、ギリギリのところまでなんだけどね。
あんまり、おおっぴらにやっちゃうと怒られるかな、ってことで、岩場の影で記念撮影。船の上からかみさんが写してくれたものだから、ちょっとわかりづらいかな?



いや~、ホント、感無量だったよ。これがイノキアイランドかぁ… ここで、闘魂特訓が行われていたんだぁ… ってさ。
大いなる「元気」をもらって帰ってきたよ。
[PR]
by tarosas | 2005-08-12 01:38 | sports
破壊王よ永遠に
プロレスラー橋本真也選手が亡くなりました。
ご冥福をお祈りいたします。

つーか、早すぎるよなぁ。なんでかなぁ…

橋本選手は俺も大好きなプロレスラーの一人。闘魂列伝ではいつも橋本選手でプレイしてたもんなぁ。

なんていうか、いつまでも少年のような心を持った人で、損得考えずに、やりたいことをやっちゃう、やんちゃなガキ大将がそのまま大きくなったような人。
最近は、アスリート然としたレスラーが多い中、最後の昭和の匂いを感じさせてくれるレスラーだったな。
やっぱ、プロレスっていい意味で人間離れした魅力ってのが大事だと思うんだよね。

前田らがUWF、長州らがジャパンプロへ移籍したあと、新日本を救ったのが、橋本選手ら、後の闘魂三銃士。平成のドームプロレスを支えたのも三銃士。
ZERO-ONEも、本当にプロレスらしいプロレスをやってくれる団体だったなぁ。

不器用なまでにゴツゴツとしたプロレスにこだわった橋本選手。天龍選手とのパンチとチョップとキックだけでやりあった試合、小川直也を真っ向から受け止めた試合、冬木選手の遺骨を持って、電流爆破に飛び込んだ姿、忘れません。

安らかにお眠りください。
[PR]
by tarosas | 2005-07-12 00:51 | sports
「W-1」&「HERO’S」
ビッグマウスプロデュースのふたつの大会である、「W-1」と「HERO’S」。
総合格闘技の大会である「HERO’S」は次の流れも決まっていて、ミドル級のトーナメントをやることが決定したね。俺が注目している山本KID徳郁なんかが参加するのですごく楽しみ!
この話はまた、ゆっくり述べるとして、問題なのはプロレス部門の「W-1」。本当は4月に旗揚げのはずだったのが、延期になって、いまだ、詳細が発表されないんだよね。
なんでも、今、プロレスは人気がなくて、TVもスポンサーもつかないらしい。寂しい時代になったなぁ。
柴田や村上が新日のドーム大会に来場したってことで、結局、対抗戦になっちゃうのかな? って。それは残念だよ。

俺が「W-1」に期待しているのは、ガチガチの格闘プロレスとファンタジーの共存。
ガチガチのほうは、前田兄さんの魂と柴田に頑張って欲しいよ。
で、ファンタジーのほうはと言えば、ボブ・サップがいるじゃないかと。
確かにサップはプロレスのムーブ(間合い、呼吸)がまだよくわかってないけど、そこは、「W-1」に参加するであろう、2人のミスター・プロレス天龍源一郎と武藤敬司にじっくりと教えてもらって欲しい。
柴田vs長州はもう決まってるけど、サップは武藤とタッグを組んで、天龍と当たって欲しいね。天龍のパートナーは健介がいいなぁ。
[PR]
by tarosas | 2005-05-15 00:58 | sports
キャプチュード
タイトルは前田日明選手の入場テーマ。「捕獲」って意味で、前田の得意技からとっているの。俺が高校時代大好きだったプロレスラーのひとり。いや~、かっこよかったなぁ。
まだ、20代だった頃、IWGPのヨーロッパ代表として凱旋帰国。あの、「アンドレ・ザ・ジャイアントを投げる」と公言して、実際には投げられなかったんだけど、バックからジャーマンを狙いにいったとこなんか、最高に興奮したよなぁ。フライング・ニール・キックでぐらつかせたり。

新日本プロレスを離脱して、UWFという、格闘色を強く打ち出した団体でエースになって、そのあと、もっと、リアルファイトに近い「RINGS」を設立。あいにく、RINGSは今、活動停止中だけど、ノゲイラもヒョードルも、元はと言えば、RINGSが発掘した選手。
この前田が上井プロデュース団体のスーパーバイザーに就任! ってニュースが飛び込んできた。
柴田勝頼も新日を辞めて、参加するらしい。まだ、柴田は結果を残していないけど、今後期待したいな。

今のプロレス界は総合格闘技に押されて、随分と寂しくなってるよね。
本来、プロレスってのは、リアルファイトでも強い人が、ある程度ショーを意識して、楽しく、格好よく「魅せる」競技だと思ってるのね。それが、最近では、有事の練習をしてないのか、総合のリングに出て行っては、負けて帰ってくる。そんな選手が、「殺っちゃうよ!」なんて言っても、リアリティーがないんだよな。
アントニオ猪木なんて、本当に戦っても強くて、それで、パフォーマンスもうまかった。そういう人がトップにいたから、道場破りなんかが来ても、藤原嘉明なんかがちょいとひねれたんだろうけど、今の道場にそれだけのことをやれる人がいるのかなぁ。
本当に強くて格好いいプロレスラーが誕生するの楽しみにしてるよ! 前田兄貴、よろしく頼みます!!!

まだ、旗揚げの日程は発表されてないけど、見にいくよ!
[PR]
by tarosas | 2005-01-29 23:09 | sports
プロの実力
知り合いで先日プロテストに合格したってボクサーがいるんだけど、ちょっと、スパーリングっぽいことをやらせてもらったのね。顔面は危ないから、軽く当てる程度、ってことで。
俺は基本はプロレスだし、ちょっと柔道やってたくらいだから、打撃系はまったく苦手で、たいしたパンチは打てないし、あまり乗り気ではなかったんだけどね。
最初は向こうも遠慮してて、こっちが打つのを、かわしてるだけだったんだけど、「打っていいよ」って言った瞬間、すごいスピードでパンチが飛んできた。
体重で20kg身長で10cmは違うんだけど、やっぱ、プロはすごいよ。こっちのパンチは全然当たらないし、こっちは案の定、ボディーにガンガンもらったよ。6~7割の力だ、って、後から聞いたんだけど、それでも、レバーに食らったのは効いたね。「うっ!」って息が詰まる感じ。

1ラウンド3分やったら、もう、こっちはかなりスタミナもなくなってるし。
2ラウンドに入って、ちょっとした瞬間にカウンターで顎に一発いいのをもらっちゃってさぁ。顔面なしのはずだったんだけど、向こうも反射的に出ちゃったんだよね。クラクラっときて、足の踏ん張りがきかなくなって、あえなくダウン。そのまま、はい、終了。って感じで。
いや~、こんなに、いいのもらったの初めてだったよ。やっぱ、プロは違うね。いい経験になりました。
[PR]
by tarosas | 2005-01-19 22:58 | sports
年末は格闘技②
今回は「PRIDE 男祭り 2004 SADAME」の予想ね。

エメリヤーエンコ・ヒョードルVSアントニオ・ホドリゴ・ノゲイラ
夏のPRIDE GPがノーコンテストに終わったための再戦&ヘビー級チャンピオンヒョードルと暫定王者ノゲイラの一戦なわけだけど、う~ん、どうなるかな??? 8月の決勝戦は生で観戦したんだけど、ヒョードルが上になって、ノゲイラはそれをしのぎつつ、チャンスを狙ってたまま終わっちゃった感じ。今回も同じような展開になるんじゃないかな? その前の対戦では、その結果、ヒョードルが判定勝ちしたんだけど、今回も、判定ならヒョードルだろう。ノゲイラはじっと耐えて、下からの関節かな。スタンド勝負になると面白いな。

ヴァンダレイ・シウバVSマーク・ハント
桜庭、無念の欠場で、急遽決まったカード。シウバはミドル級だけど、対ヘビーでも充分できるのはミルコ戦で証明済み。いくら、ハントが打たれ強いといっても、シウバのラッシュは別格だからなぁ。まだ、ハントが総合に完全に対応できているとは思わないので、ここは、シウバのKOを期待したい。悪くても、判定でシウバだろう。

五味隆典VSジェンス・パルヴァー
パルヴァーって、ライト級じゃ、敵なしでしょ? 順当にいけば、パルヴァーの圧勝だけど、五味もここのところ、めきめき力つけてるし、一発はあるよね。大晦日に五味にコーナーポストで吼えてもらいたいなぁ。

近藤有己VSダン・ヘンダーソン
ヘンダーソンも実力者だけど、近藤もここは負けられないでしょ? 来年のミドル級GPに出られるかどうかの試合。それはヘンダーソンにも言えるんだけど。いずれにせよ、打撃戦になるかな? 蹴って、殴って、最後は極めて、今年を締めくくって欲しい。

ミルコ・クロコップVSケビン・ランデルマン
PRIDE GPの再戦。あのときはランデルマンのクリティカルヒットが決まって、ミルコまさかの一回戦負けだったわけだけど、普通に考えれば、ミルコの連敗は考えられないんだけど、ランデルマンの勝利はフロックではないと思ってるので、今回もありえるよ。バーネット戦でもそうだったんだけど、ミルコってけっこう、ラッシュに引いちゃうとこがあるから、ランデルマンが前のようにハイスパートをかければ、もう一丁! はあるよね。

吉田秀彦VSルーロン・ガードナー
オリンピック金メダル対決ってことで話題になっているけど、鍵はガードナーがどれだけ、総合のルールで戦えるか。もちろん、吉田も本来はグラップラーなんだけど、打撃のセンスもあるし、体重差を考えなければ、吉田の勝ちだろう。柔道はそもそも、無差別級が醍醐味で、基本だと思っているので、体重差は吉田にとって、たいしたデメリットにはならないだろう。

瀧本誠VS戦闘竜
これまた、柔道金メダリストの瀧本。これも体重差がある対決だけど、相手をコントロールする術において、瀧本のほうが上じゃないかな? 戦闘竜は立った状態で戦いたいだろうけど、それをかいくぐった瀧本が寝技で一本。ってところかな。

長南亮VSアンデウンソン・シウバ
なかなか、好取り組みだよね。ガツガツした打撃対決になりそう。いいやつが一発入ったほうが勝ちって感じだけど、ラッシュの差でアンデウンソンかな。

安生洋二VSハイアン・グレイシー
今回の裏メイン(笑)。いや、冗談でなく、ある意味一番興味深いカード。なにしろ、安生がヒクソンに道場破りをして、返り討ちにあい、そこから、高田道場(当時はUインター)VSグレイシー、ひいてはPRIDEがスタートしたんだから。安生にとってはみそぎマッチ。期待はしているが、ハイアンのラッシュ&ポテンシャルは安生のそれを上回るよな。

ジャイアント・シルバVSチェ・ム・ベ
体格差はあるにせよ、チェの怪力には関係ないかな。ぜひ、シルバをスープレックスで投げてもらいたいものだ。

美濃輪育久VSステファン・レコ
レコの総合での力ってどんなもんなのかな? この前は小川にあっという間にやられちゃったけど。俺はレコはけっこう好きなんだけど。美濃輪もプロレスラーだし、寝かしちゃえば、美濃輪の勝ちかな。
[PR]
by tarosas | 2004-12-30 22:42 | sports
年末は格闘技①
ここのところ、大晦日は紅白か、格闘技、って感じだよね。
俺も、二回ほど、「猪木祭り」に参加したんだけど、いいよね。

ところで、今年の試合はどうなるか?ちょっと、俺なりに予想してみたよ。
とりあえず、今回は「Dynamite!!」。

魔裟斗VS山本”KID”徳郁
MAXのカリスマ対決ってことで、かなり評判になっているけど、K-1ルールってことを考えると、魔裟斗に一日の長があるかな。KIDのラッシュに期待しているんだけど、このルールでは魔裟斗有利かな。KIDがKOされる姿はそうぞうできないけど、魔裟斗も打たせないじゃないかと。よって、魔裟斗の判定勝ち。判定なしにしたら、面白いと思うんだけどね。

曙VSホイス・グレーシー
K-1でいまだ「初日」のでない曙。「総合ルールなら、いままで禁止されていた技が使える」と豪語するが、総合ルールで有利なのはむしろ柔術。寝技に持ち込んで、体重差を利用しようとしたら、痛い目にあう。曙はとにかく、突っ張りで、コーナーに追い詰めるしか勝利はないだろう。ホイスが簡単につめられるとは思わないので、ホイス有利は動かないな。

藤田和之VSカラム・イブラヒム
アテネ五輪レスリング金メダリストのイブラヒムだけに、組んだら、イブラヒムの投げは決まるだろう。しかし、総合はいくら投げてもポイントにはならない。藤田は敢えてグランドに持ち込ませて、寝技で決めるのではなく、相手を寝かせて、ボブ・サップを戦意喪失させた、サッカーボールキックで、勝利だろう。

レイ・セフォーVSゲーリー・グッドリッジ
ゲーリーの一発は怖いけど、K-1ルールなら、セフォーだよな。特に、セフォーはGPで納得のいかない負け方してるから、その鬱憤晴らしもあって。

武蔵VS X
対戦相手に、佐々木健介をオファーしてるとか。決まったら面白いけど、K-1ルールなら、武蔵だろ? フリーダウン制、ドクターストップ、レフェリーストップなしでやったら、面白いけどね。健介が出なかったら、プレデターになるのかな? それなら、武蔵の勝ちだね。

ドン・フライVS中尾芳広
5月のROMANEXでは開始早々にバッティングでフライが流血。ノーコンテストに終わった。その再戦なわけだけど、中尾の潜在能力はすごいなぁと。フライの蛇のようなしつこさがどうでるか? ってとこで、応援はしているけど、中尾有利かな。

ボブ・サップVSジェロム・レ・バンナ
総合なら、サップ有利。K-1ならバンナ有利。MIXルールだから、どちらが第1ラウンドになるかなんだけど、いくらトレーニングをしてきたといっても、半年実践から遠ざかっていたサップには不安がよぎる。ここは、バンナの勝利かな。

宇野薫VSチャンデット・ソーパァンタレー
お互い、K-1マットは初なのかな? ソーパァンタレーの試合を見たことがないので、どんな試合になるかわからないっす。でも、総合ルールでムエタイの選手に負けるわけにはいかないよな。

秋山成勲VSフランソワ”ザ・ホワイトバッファロー”ボタ
秋山の潜在能力&気合に期待! ボタも、K-1には慣れてきたけど、総合はどうなのか? 柔道って、練習では、ナイフ持った相手を想定した裁き方とかもやるからねぇ。総合ルールなら、秋山に勝ってほしい。

シリル・アビディVSボビー・オロゴン
これ、エキジビションなの? 本気なの? 本気でやったら、オロゴン、死んじゃうよ。アビディが相手の力をどれだけ理解しているのか? アビディがエキジビションでやれば、ボビーにも見せ場があるかな。どっちにしろ、アビディの勝ち。間違いない!

あくまでも、俺の個人的な予想だから、クレームは、なしね☆
[PR]
by tarosas | 2004-12-29 22:41 | sports